本文へ移動
レーザーや光学機器向けに精密なマイクロオプティクス製品を取り扱ってます。自由形状による光学設計が可能であり、特定のアプリケーションに合わせた光学面を製造できます。
スロー軸・ファスト軸コリメーター、レンズアレイ、収差補正、ビームシェイパなど、数多くの標準品/カスタム品の販売から、設計データを頂ければ受託加工サービスも対応しております。 

詳細は輸入代理店の太平貿易へお問い合わせください。
(光学機器部門)

屈折型光学素子(ROE)

製造

屈折型光学素子をはじめ、マイクロオプティクスは、マイクロミリング、グレースケール・リソグラフィー、モールド成形などのさまざまな技術から製造されます。
太平貿易で取り扱いの屈折型光学素子(ROE)は、レーザーマイクロマシニングに基づいた独自技術で製造します。従来の製造方法とは異なるため、多くのアドバンテージがあります。

レーザーアプレーションプロセス
独自のレーザーマイクロマシニング技術により、光学素子表面を自由形状で高精度にトリミングできるため、従来の製造方法のような対称性やアスペクト比の制約はなく、理想に近い光学設計に基づいたレンズ面を製造することができます。
このプロセスにより、3Dの屈折光学構造においても超なめらかで低散乱の屈折率の高い表面も可能です。最大200µmのたるみのある合成石英においても滑らかな屈折面を生成できます。

設計仕様


基板の材料特性 
 硝材UV-fused silica (OHタイプ含むすべてのグレード)
 設計波長190nm - 2μm
 
基板の特性詳細MinTyp.Max単位
 基板サイズ
 任意のサイズ
 又は形状
0.5 120mm
 C.A.   100mm
 基板厚み 0.25 10mm
 
光学面MinTyp.Max単位
 Sag (サグ)  200um
 Slope (スロープ)  60Deg
 レンズ径100  um
 最小加工寸法20  um
 スケーリング精度 23%
 表面粗さ (Rq) 1 nm

アプリケーション例

光通信
光通信システムでは、レーザー光源とのカップリング、ファイバーや導波路アレイとのカップリング、光多重化、光スイッチなどの用途でマイクロレンズアレイが必要です。
太平貿易では、アレイのコリメーションとカップリングのために精密で一体化した単一の素子を提供します。

高出力ダイオードレーザー
ダイオードバーとスタックには、製造プロセス、組み立てによる欠陥があります。この欠陥により、スマイルエラー、FACのミスアライメントによる焦点ぼけ、その他収差が発生します。
太平貿易では、これらの収差を光学位相板で補正することができます。また、高出力ダイオード補正用光学部品として標準品を数多く取り揃えております。

レーザー加工
レーザー加工向けにコリメーション、ビームシェイピングなど幅広い光学部品を提供しています。
太平貿易のホモジナイザー、ディフューザーは、高いビーム均一性と高効率を兼ね備えています。高輝度のSSLやファイバーレーザーシステムでは、出力をロスすることなく、高効率の強度プロファイルを生成し、最適化することができます。

レーザープロジェクション
単純な高出力ディフューザとして使用したり、フラットトップまたはさまざまな強度分布や均一化されたビームを生成することができます。
独自の屈折光学技術により、散乱光が非常に少なく、非常になめらかな光学表面を製造できるため、高効率を実現できます。

SuperZ、Z、PZシリーズ
圧力スイッチはこちら
光学機器のネットストア
レンズ堂はこちら
TOPへ戻る