本文へ移動
pureLiFi Ltd. (Scotland):ピュアライファイ社 (スコットランド):LiFi技術のパイオニアメーカー
詳細は輸入代理店の太平貿易へお問い合わせください。

LiFi@Home

LiFi@home(日本語字幕付) 太平貿易
常識を超えた持続性
LiFi@Home(ライファイアットホーム)は、ライトアンテナモジュールをベースとし、あらゆるコンシューマ機器へ統合させることができます。


ダウンライト アクセスポイント

LiFi@Homeアクセスポイント(AP)は、一般的な照明器具にLiFi(ライファイ)を組み込んだモジュール品です。
照明の口金はGU10の規格であり、照明およびLiFi通信はPLCまたはPoEを介して配線できるよう設計されてます。セットアップは電球交換のように手軽で簡単です。

AR/VR

LiFiを搭載したAR/VR用のヘッドセットでは、広帯域幅、低遅延、低ジッターを実現した信頼性の高い無線通信が可能です。ゲームやメタバースなどのユースケースに最適です。

AR(Augmented Reality:拡張現実)
VR(Virtual Reality:仮想現実)

スマートフォン

ライトアンテナモジュールは、既存の802.11WiFiベースバンドとの互換性があるため、簡単にスマートフォンのアーキテクチャへ統合させることができます。

TV&AV機器

ストリーミングは、ネットワークにとって最も負荷のかかるタスクのひとつです。LiFiへオフロードすることで、WiFiで接続対応する帯域幅を残すことが可能になり、快適な無線通信環境を構築することができます。
  • 広帯域/低遅延のAR/VRリンクでメタバースを体験
  • デバイス間でセキュアで簡単にデータ転送
  • 家の中を移動しながらでも通信接続を維持
  • 照明器具の交換と同じくらい簡単なLiFi@homeで高速通信を実現
  • ビデオストリーミングなどのデータをWiFiからLiFiへオフロード
  • ブロードバンドの潜在能力を最大限を活用

デバイス間通信

電話から電話、タブレットからテレビへのデバイス間通信においても、LiFiリンクは高速で、信頼性が高く、セキュア(安全)です。

家中に広がる拡張性のあるネットワーク

テレビへのビデオストリーミング、安全性の高い企業内ネットワーク、フラストレーションのない電話会議など、たった1台のLiFiアクセスポイントからLiFi通信の環境を始めることができます。ニーズが大きくなるにつれて、LiFiのネットワークを部屋から部屋へと簡単に拡張できます。

どのようなバックホール?

LiFi@Homeは、電力線技術(PLC)やPoE(Power over Ehernet)を使って主電源線経由でデータを伝送することができます。バックホールについては考える必要がありません。

ミリタリーグレードのセキュリティー&プライバシー

LiFiはWiFiのように家の壁を通さないため、外からの検出、ハッキング、盗聴したりすることができません。
LiFi固有の物理的なセキュリティは、アメリカ陸軍の厳しい要件を満たしています。

太平貿易は、あらゆる機器へのLiFi統合をサポートしております。個別でのみお渡しできる仕様を含む詳細資料などもございます。お気軽にお問い合わせください。
SuperZ、Z、PZシリーズ
圧力スイッチはこちら
光学機器のネットストア
レンズ堂はこちら
TOPへ戻る