本文へ移動

沿革

1949年(昭和24年)
6月
日本の産業界に欧米先進技術の導入を図り、貿易振興と産業発展に寄与することを目的に太平興業社を創業
1955年(昭和30年)
12月
法人に改組し現会社を設立
1958年(昭和33年)
4月
従来の窯業関係業界に加え、電気・油圧並びに空圧等の各種自動制御機器類の分野に進出し、日本の大手メーカーへの輸入販売を開始
1962年(昭和37年)
1月
名古屋支店を開設
1963年(昭和38年)
6月
大阪支店を開設
1970年(昭和45年)
1月
ガラス業界へ耐火煉瓦並びに溶解炉関連諸設備の販売を開始


アメリカン・グラス・リサーチ社(米国)の日本総代理権を獲得し、コールドエンド諸設備の販売を開始

9月
九州営業所を開設
1972年(昭和47年)
11月
太平システム工業株式会社を設立、油圧・空圧機器類の設計・製造並びに販売を開始
1976年(昭和51年)
6月
東京工場(東京都世田谷区)を開設、圧力スイッチの製造並びに販売を開始
1981年(昭和56年)
1月
Zタイプ圧力スイッチの製造並びに販売を開始
1985年(昭和60年)
4月
ロサンゼルス支店(米国)を開設

11月
福山営業所(広島県)を開設


東京工場(東京都町田市)を竣工、従来の製造設備を統合
1986年(昭和61年)
1月
コールハート社(米国)と代理店契約を締結、クロム煉瓦、ジルコン煉瓦の販売を開始
1987年(昭和62年)
4月
Vタイプ圧力スイッチの製造並びに販売を開始

10月
マクリーン・ミッドウェスト社(米国)と制御盤用エアコンディショナーに関する技術導入契約を締結、製造並びに販売を開始
1990年(平成02年)
4月
PZタイプ半導体式圧力スイッチの製造並びに販売を開始
1991年(平成03年)
4月
SuperZタイプ圧力スイッチの製造並びに販売を開始
1993年(平成05年)
10月
金型用圧力モニターの製造並びに販売を開始
1994年(平成06年)
8月
TEX-Zタイプ耐圧防爆型圧力スイッチの製造並びに販売を開始
1996年(平成08年)
4月
中国市場へ圧力スイッチの輸出販売を開始
2000年(平成12年)
1月
SEPR社(フランス)と代理店契約を締結、電鋳煉瓦の販売を開始
2002年(平成14年)
7月
太平システム工業株式会社にて、品質マネジメント国際規格ISO9001の認証を取得

10月
PZDタイプデジタル圧力スイッチの製造並びに販売を開始
2005年(平成17年)
12月
九州営業所、拡張のため移転
2006年(平成18年)
7月
ダイヤフラムタイプ圧力スイッチの製造並びに販売を開始
2007年(平成19年)
11月
大阪支店、拡張のため移転
2010年(平成22年)
6月
名古屋支店、拡張のため移転

11月
本社、拡張のため移転
2014年(平成26年)
11月
本社、拡張のため移転
2021年(令和03年)
7月
PZNタイプ無線ライブモニター機能付きデジタル圧力スイッチの製造並びに販売を開始

8月
光学機器専門のECショップ、レンズ堂を開設
SuperZ、Z、PZシリーズ
圧力スイッチはこちら
光学機器のネットストア
レンズ堂はこちら
TOPへ戻る