本文へ移動

部門紹介

産業機器部門

当部門は、日本の自動制御機器および油空圧制御機器業界の発展に歩調を合わせて前進を続けてきました。
現在は、FA(工場の自動化)、FMS(多品種少量生産)、ネットワーク化などが急速に産業界に浸透しており、このような環境に対応するべく、欧米を中心とした多種多様な優れた製品をご提供しております。
また、海外の優れた製品を日本のマーケットに適合するよう、改造やノックダウン、国産化にも注力し、多様化・高度化するニーズにも対応いたしております。

化成品機器部門

当部門は、陶磁器をはじめ琺瑯、ガラス、セラミックコンデンサなどの窯業分野を中心に、先進諸外国からの製造設備、機械、原料などの輸入や、東南アジア諸国への輸出に従事してきました。
現在は、ガラス業界向けのスペシャリストとして、バッチ調合、溶解、徐冷、成形、検査、包装まで全ての製造工程を網羅し、板硝子、瓶、食器、クリスタル、光学、照明、繊維、ファイン硝子などの各種製造工場へ幅広く製品を提供いたしております。

光学機器部門(旧:開発営業部門)

当部門は、マシンビジョン用レンズを中心に、カメラ、照明、画像入力ボード、画像処理ソフトウェアなど、あらゆる画像機器をトータルに提案することで、いち早くFA(工場の自動化)の推進に貢献してきました。
現在は、レーザー加工、計測器用の光学製品、光通信機器などの分野においても、世界中からユニークな製品を発掘し、光学の可能性をさらに拡大しながら幅広い活動を展開しております。

製造部門

当部門は、弊社の東京工場にてマクリーン社(現:エヌベント社・米国)との技術ライセンス契約による制御盤用エアコンディショナーを、国産品として製造しております。
現在は、新たに併設した技術センターにおいて、輸出入品のカスタマイズやメンテナンス、修理サポートなども行っております。

関連会社の太平システム工業株式会社(ISO9001認証)では、独自開発による圧力スイッチを設計・製造しており、機械式から半導体式までニーズに合わせた製品を幅広く取り揃えております。
現在は、今まで培った技術と実績を生かし、高精度二酸化炭素スイッチなどの研究・開発も行っております。
SuperZ、Z、PZシリーズ
圧力スイッチはこちら
光学機器のネットストア
レンズ堂はこちら
TOPへ戻る